【納得】黒柳徹子さんの滑舌が悪い3つの理由【入れ歯の影響が大きい】

 

黒柳徹子さんの滑舌が悪くなっていることを、気にされている方が多いようです。

 

確かに黒柳さんの声を、聞き取りにくいと感じることがあります。

 

徹子の部屋」にも、「何を言っているか聞き取れない」という苦情が多いとか。

 

黒柳徹子さんの滑舌が悪くなった理由を、調査しました。

 

ぜひ最後まで、読み進めてください。

 

 

【納得】黒柳徹子さんの滑舌が悪い3つの理由【入れ歯の影響が大きい】

黒柳徹子さんの滑舌が気になっている方が多いようです。

 

黒柳さんの滑舌が悪い理由は、次の3つです。

  1. 入れ歯が合っていない
  2. 加齢で滑舌が悪くなる
  3. 病気の可能性

順に詳しく説明します。

 

①入れ歯が合っていない

黒柳徹子さんは自分の歯は2本だけです。上の歯は総入れ歯、下の歯は2本以外は、すべて入れ歯になっています。

 

入れ歯でもフィットしていれば、滑舌に問題はありません。

 

ただ、黒柳さんの声を聞いていると、入れ歯が合っていないように感じてしまいます。

 

合っていない入れ歯は、「さ行」が不明確になる

入れ歯が合っていないと、舌の動きを妨げてしまうため、発音しにくくなります。

 

特に、舌を口蓋(上あご)につけて発音する「さしすせそ」などの音は、入れ歯が合っていないと発音しにくくなります。

 

また、入れ歯が合っていないと、入れ歯がずれたり、浮いたりすることがあります。

 

その結果、舌が入れ歯に当たってしまい、言葉全体が不明瞭になってしまいます。

 

加齢による口腔内の変化

加齢による口腔内の変化も、入れ歯が合わなくなる理由のひとつです。

 

加齢とともに、歯茎や骨が痩せてくるため、入れ歯が以前よりも緩くなります。

 

また、唾液の分泌量が減ると、入れ歯が滑りやすくなり、合っていないように感じることもあります。

 

入れ歯が合っていないことは、周りの方もなかなか指摘しずらい問題です。スタッフ方なども気になりながら、そのままになっているのではないでしょうか。

 

②加齢で滑舌が悪くなる

黒柳徹子さんの滑舌が悪くなった理由は、加齢による筋肉の衰え、舌や口周りの動きの鈍くなったことも考えられます。

 

加齢とともに、筋肉は徐々に衰えます。

 

体だけでなく、舌や口周りの筋肉も衰えるので、若いころのように滑らかに動かすのが難しくなります。

 

特に舌の動きは、発音の際に重要な役割を果たします。舌の動きが鈍くなると、発音が正確にできなくなり、滑舌が悪くなってしまうのです。

 

口周りの動きも鈍化

また、口周りの筋肉も、発音や口の動きに重要です。

 

口周りの筋肉が衰えると、口が大きく開かなくなったり、口角が下がることで、発音しづらくなってしまいます。

 

黒柳徹子さんは1961年にデビューした当時から、滑舌の良さで知られていました。

 

しかし、近年では、滑舌が悪くなったとの指摘がしばしば聞かれます。

 

③病気の可能性

黒柳徹子さんは、もともとは滑舌の良い早口が特徴の、明るく元気なイメージの方でした。

 

それだけにここ数年で、滑舌が悪くなったことに対して、多くの人が気になっています。

 

滑舌が悪くなる原因として、病気や体調不良も考えられます。

 

以前から体調面が、心配されている

脳卒中やパーキンソン病などの神経系の病気、甲状腺機能低下症などの内分泌系の病気の場合、滑舌が悪くなります。

 

さらにはストレスや疲労などの精神的な要因も、滑舌に影響を与えます。

 

黒柳徹子さんは、車椅子で公の場に姿を現し、その後も体調を崩して番組の収録を休止するなど、体調面で不安を抱えていることがうかがえます。

 

そのため、滑舌が悪くなった原因として、加齢による筋力低下に加えて、病気や体調不良の可能性も考えられます。

 

ネット上にも心配する声が多数

ネットやSNSでも、黒柳徹子さんの滑舌や体調を気にする声が多くあります。

 

 

 

以前の滑舌の良い黒柳さんのイメージからすると、今の滑舌がかなり気になるような声が多いですね。

 

ひとつには昔の黒柳さんのイメージが強すぎることもあります。今年で90歳だと考えると、かなりお元気だと思います。

 

少し滑舌に影響が出ても、仕方がないのかもしれません。

 

いつまでもお元気な黒柳徹子さんのお姿を見たいですね。

 

【おすすめ記事】
【黒柳徹子さん】体だけ太って見える4つの理由【違和感の正体が判明】
【解決】ヤジマリーは、なんて言ってるの?【早口のスプレーギャグを完全解読】